ルナ動物病院とは

ルナ動物病院ってどんな病院?

ルナ動物病院 外観予防医学、病気の治療はもちろん、しつけ教室、トリミング、ホテルを併設し、ご来院していただいた多くの方に
『ルナ動物病院に来てよかった~。』と喜ばれております。

また、一方通行になりがちな病院のシステムを改善するために、携帯へのメール配信ニュースレターの発行院長ブログスタッフブログなどで、患者様とルナ動物病院の距離を縮めるように努力しております。
そして、すべての患者様に写真つきの診察券、証明書を発行し、診療費用も明細書に細かく記載し、動物病院の費用についてもくわしく説明いたします。

ルナは犬猫の専門病院です。

ルナ動物病院 外観現在、エキゾチックアニマル
(犬・猫以外の動物)の診察は
しておりません。

優秀な先生をご紹介いたします。
ご相談下さい。

 

 

ページのトップへ

病院理念

ロゴマーク1)常に患者様はわが仔、わが家族であることを意識し、

患者様の立場にたった考え方をいたします。


2)インフォームドコンセントを得て治療いたします。

病気や病状・料金に関して患者様にわかりやすく、納得できるまで説明しご理解していただいております。


3)当院で診察可能であり、治療可能な病気と、そうでない病気を患者様に納得・ご理解していただき、獣医師ネットワークを利用して治療可能な他院・大学病院をご紹介いたします。

当院の能力を過大評価せず、患者様にとって最もよい治療方法をみつけます。

 

4)安心してご来院いただけるよう、スタッフ一同日々精進いたします。

ページのトップへ

 

 

ルナ動物病院の名前の由来

ルナちゃん「動物病院の名前っていろいろあるけれど、なぜルナ動物病院なの?」と、皆様に尋ねられます。開業前、病院名はとても重要なので、わたしもずいぶん悩みました。

一般的には自分の名前なのでしょうが、私の場合は『スズキ』、浜松市内には鈴木動物病院がすでにありました。『カズタカ』なので、カズ動物病院。ゴロはいいようですが、かわいらしさがありません。開院場所が浜松市佐藤なので、佐藤動物病院。これは苗字のようでインパクトがありません。浜松市動物医療センターと命名するほど規模は大きくできません。

そこでたどり着いたのが、我が家の愛犬『ルナ』ちゃんの名前です。『ルナ動物病院』、かわいいし、ゴロも良く、月の女神でみんなをやさしく包んでくれそうです。『動物にやさしく、人にやさしい、あたたかな動物病院』というモットーにぴったりの名前となったのでした。ルナ動物病院のロゴマークも自分たちで考え、黒ラブのルナちゃんが、月の女神のルナ様とお話している姿を描くことにしたのです。

(実際の我が家のルナちゃんはおてんば娘なのですが、お目目はクリッと、たいしたベッピンさんです。親ばかですが・・・。)