ルナ動物病院とは

症例目次に戻る>>

酸化療法

オゾン発生器
【オゾン発生器】

日本では、アンチエイジング医療として活性酸素を消去する抗酸化という方法が一般的ですが、Bio-Oxidative Therapies=生物学的酸化療法・酸化療法は、逆に体に酸化ストレス を与えることで、免疫機能や抗酸化機能を賦活させる医療です。

一見これまでの医療と矛盾しているように感じられますが、酸化療法はドイツやアメリカなどで盛んに行われています。
当院でも高濃度ビタミンC療法やオゾン療法を導入し、がんやアトピー性皮膚炎などの難治性疾患の補助療法からアンチエイジングとして幅広く施療しております。
(アメリカではがん治療の補完医療として高濃度ビタミンC療法が発達し、ドイツではオゾン療法は保険適応になっているメジャーな治療です。)
動物での酸化療法はまだ始まったばかりのため、こらから多くの症例報告が期待される治療となるでしょう。

→人医での実際はコチラ(日本酸化療法研究会)