ルナ動物病院とは

症例目次に戻る>>

再生医療

培養装置
【培養装置】

再生医療、それは薬でもなく、手術でもなく、患者自身の細胞を用いることで自己治癒能力を引き出し増幅する治療法です。これにより、従来治せなかった病気が治る可能性が見えてきたのです。
当院でも生命の可能性、神秘にたずさわるべく院内で細胞を培養し再生医療ができるようにいたしました。この治療法はまだまだ未知数で研究段階です。しかし、癌で命が燃え尽きる最後まで生活の質を落とさず、病気と戦う患者様の助けとなり大きな希望になることを願っています。ともに戦いましょう。ご相談ください。

→実際の症例はコチラ

当院の再生医療でできること

【免疫細胞:がん治療】

● 活性化リンパ球療法 (LAK療法)
 がん細胞を攻撃するTリンパ球を体外でインターロイキン2、CD3抗体により活性化し、約1000倍に培養した後、体内に戻す非特異的細胞免疫療法。
 免疫が強化され、QOLが上がり元気になったり、再発予防や転移予防の効果も期待できます。ガンを攻撃するリンパ球の割合を増加させて治療効果を高めます。
● 樹状細胞療法 (DC療法)
 抗原提示細胞の中で、特に抗原を提示する能力が高い細胞である樹状細胞を体外でIL-4とGM-CSFを使い増殖・活性化させて治療を行う療法。
 樹状細胞はガンを認識するための教育者として、攻撃しなければいけない異物(ガン)を Tリンパ球に教える役割をしています。
● DC+LAK療法
 樹状細胞(ガンを認識するための教育者)とTリンパ球(ガン細胞を攻撃する)をそれぞれ体外で増殖・活性化させて体内に戻し治療を行う療法。
 両者の利点をあわせ持ち教育者と兵隊を両者投与できる。特異的細胞免疫療法に分類され腫瘍へのリンパ球の集積率が上がる事が考えられます。
● γδT細胞療法
 γδT細胞を体外でゾレドロン酸により増殖・活性化し、培養した後、体内に戻す療法。
 T細胞の中でγδ型T細胞がウイルスや細菌から私たちの体を防ぎ、感染して変性した細胞の除去に重要な役割を果たしている事に着目し、ガン細胞(変成し腫瘍化した自己の細胞)の除去にも関与しています。


【骨髄幹細胞:骨折癒合不全・脊髄損傷】

● 骨折癒合不全
 骨髄幹細胞(MSC)自身が骨芽細胞に分化することにより、骨をつくりたい部分にカルシウム沈着を起こしやすくすること、また血管内皮細胞への分化能力やTGF-βやVEGFなどのサイトカイン放出による血管の引き込みや毛細血管をつくり出すことにより、栄養供給やしっかりとした骨をつくる環境づくりに活躍する。  またMSCが放出するサイトカインは周囲の骨芽細胞や破骨細胞にも作用し、それぞれの細胞増殖や分化に多大なる影響を及ぼすことが考えられています。
 PRPやbFGF(フィブラストスプレー)、 TCP(トリカルシウムフォスフェイト)、海綿骨などの足場材料と混ぜて移植を行います。

● 脊髄損傷(椎間板ヘルニア等)
骨髄幹細胞中の間葉系幹細胞(MSC)が放出するサイトカインや血管内皮への分化により、新たな毛細血管網の構築や、 MSC自身が神経細胞に作用することで、神経細胞の軸索を伸長させやすくします。
 骨髄液を1mL程度採取し、その中からMSCを約2週間培養します。 MSCは約1×107個まで増殖させ、脊髄損傷のオペを行うと同時に、損傷部位に培養されたMSCを直接おいてきます。欠損部を見つけ、オペで原因となる箇所を治療後、炎症を治めるためエラスポールとプレドニゾロンおよび低容量のステロイドなどを投与します。
 その後、細胞の培養を続け、オペ1週後および2週後に、細胞を回収し、点滴静注や脳脊髄腔(くも膜下腔内)、および患部へ直接注入する方法などでMSC投与を続けます。脊髄損傷後半年以内の比較的浅い症例にMSC治療を行うことが望ましいです。


【脂肪幹細胞:骨折癒合不全・脊髄損傷・心筋梗塞・脳梗塞・腎不全など】

● 脊髄損傷(椎間板ヘルニア等)・骨折癒合不全・心筋梗塞・脳梗塞・腎不全
脂肪幹細胞(ADSC)は、脂肪組織中に存在する間葉系細胞です。骨、軟骨や、骨格筋、心筋、神経細胞、造血細胞、血管内皮細胞、肝細胞など様々な細胞に分化することが報告されていることから、再生医療における新たな幹細胞として期待されています。
骨髄幹細胞と同じような使われ方をするのですが、小指先程度の皮下脂肪から培養できるためおとなしい動物ならば局所麻酔のみで脂肪を採取できます。これは状態の悪い動物にとって全身麻酔のリスクを回避でき、QOLをあげることを期待できる治療となりえます。腎不全や肝不全の症例に応用できれば大きな希望となりえるでしょう。