ルナ動物病院とは

症例目次に戻る>>

腫瘍・癌・おでき

小さなしこりやできものも、『要注意!!』です

■症例紹介

腫瘍・癌・おでき
●頭部にできた腫瘍

口の中や耳の中もチェックしましょう

→より詳しく

●体表にできた腫瘍

たとえ小さなおできでも要注意です!!
→より詳しく

●乳腺腫瘍

オッパイのしこりで気づきます。スタートはゴマ粒程度の大きさです。

→より詳しく

●胸腔内にできた腫瘍

咳や呼吸の異常がみられます

→より詳しく

●腹腔内にできた腫瘍

できた場所により、症状は様々です

→より詳しく

ページのトップへ

当院の診断・治療のすすめかた

からだに腫瘍が発見された場合の診療手順を説明します。

① 飼主様から詳しくお話を伺います。
 (発見時期、その時の大きさ、数、大きくなっているかどうか、増大の速さなどなど・・・。)

② 頭からつま先まで、その他におできがないか確認し、触診・視診など総合的に全身を診察します。

③ おできの大きさ、感触、リンパ節の大きさを診断します。

④ 細胞診を行います。
(細い針をおできに刺して細胞を採取し、取れた細胞を顕微鏡で観察します。)

⑤ この時点で悪性腫瘍の可能性があれば、外科切除をお勧めいたします。

⑥ 細胞診で診断できない場合は、
 1.多めに細胞を採取し、病理検査を行い確定診断する。
 2.切除手術を行い、切除した組織を病理検査する。
 3.経過観察する。
(※病理検査は、検査センターに外注致しますので、結果が出るまで5日間かかります。)
 飼主様と充分話し合い、治療方針を決定します。

悪性腫瘍であったならば、
① 第一選択は外科切除した後、抗がん剤投薬。
② リンパ腫などでは、抗がん剤投薬のみ。
腫瘍・癌・おでき ③ 外科切除のみ。
④ 緩和療法のみ。
⑤ 何もしない。
⑥ 大学病院など他院をご紹介。

良性腫瘍ならば
① 何もしない。
② 外科切除。
③ 悪性でなくて、よかったですねぇ。

以上のように、腫瘍ができたことでの診察、診断、治療には様々な選択肢があり、悪性であれば時間、費用、精神疲労がともないます。早期発見・早期治療が一番大切なことでしょう。